Masuo Ueda

植田 益朗

  • 植田益朗(うえだますお)は、日本のアニメの聡明期の歴史のプロデューサーのひとり。日本サンライズに入社後「機動戦士ガンダム」「ザ・ウルトラマン」などの制作に携わった後、「シティーハンター」シリーズ、「機動戦士ガンダム」シリーズのプロデューサーなどを歴任、1995年に同社常務取締役に就任。

    2000年にサンライズを退社の後、フリープロデューサーとして「犬夜叉」をプロデュース、2003年にはアニプレックスに参画し、デジタルハリウッド大学院教授として「アニメコンテンツプロデュース論」を担当、外務省文化交流課有識者会議委員に就任、日本動画協会理事就任を経て2014年アニプレックス代表取締役社長に就任。翌2015年にはアニメ100周年プロジェクト推進会議座長を務めた。

    2016年から1年間はソニーミュージックエンタテインメント常勤顧問を務め、2017年にアニプレックス退任、同年パーソナリティを務める「植田益朗のアニメ!マスマスホガラカ」を文化放送AGON Premiumにて配信スタート、株式会社SKY FALLを渡辺繁氏と設立し2018年に代表取締役社長に就任。2019年には国内30年ぶりとなる「シド・ミード展」を開催予定。